年代別・肌の傾向とケアのポイント

十代の肌は急激にホルモン分泌量が増えることで、不安定になっています。そのため肌表面のテカリやベタつきが気になってしまいがちです。

この時期は皮脂が過剰に分泌されることでにきびや吹き出物ができてしまいやすいので、肌を清潔に保つことを心がけることが大切です。さっぱりとした洗顔フォームで余分な皮脂をしっかりと落として、アフターケアに保湿をするだけで若い肌を綺麗に保つことができます。

そして思春期を過ぎた頃から素肌が一番綺麗な状態になります。しかし、二十代頃の肌は精神的なストレスや化粧品の使用などで負担がかかりやすくもあります。

洗顔不足で化粧品が落としきれなかったり、逆に過剰な洗顔で肌を乾燥させてしまい、トラブルを招きやすくなるのです。

いずれも適切な洗顔と水分補給、それから保湿といったスキンケアを丁寧に行うことで、若い肌の再生能力は活性化されていきます。

その再生を補うために、保湿成分であるコラーゲンなどで膜を作って肌を保護することも有効です。

年齢が高くなると肌の保湿力が低下していき、ターンオーバーが乱れてしまいがちになります。女性ホルモンが減ってきてしまうことで、たるみやくすみ、毛穴の開きといった様々な影響が出てきます。

こうした場合は顔の乾燥をクリームなどで肌表面をケアすることと同時に、サプリメントで必要な栄養素を補うことも綺麗な肌作りの助けになります。

基本的なスキンケアは若いときと同じく、水分と油分を肌に補っていき、新陳代謝機能と肌バリア機能をしっかり働かせるようにすることが大切です。

それから健康面が肌にも大きく影響を与えやすくなりますので、バランスのとれた食事と充分な睡眠を取ることも重要です。年齢と共に現状する成長ホルモンは、睡眠に多く作られます。

質の良い睡眠を取ることが肌の生まれ変わらせる手助けをしてくれるのです。年を重ねることで注意したいのは、シワやシミなどの老け顔の原因となるサインに気をつけることです。

若いときに使用していたスキンケア用品をそのまま使うのではなく、年齢に合ったくすみや色素沈着などを解消するスキンケア用品を選ぶ必要があります。

ピーリングって本当はどういうものかご存じですか

■ピーリングの治療風景

ピーリングとは、古い角質を取り除き、ターンオーバーを元に戻す効果を持っています。ターンオーバーが早まるのではなく、正常に行えるようにするための行為なので、ピーリングでターンオーバーが早まるという考えは間違っています。明らかに遅くなっている方は、ピーリングによって元に戻すことも考えます。

古い角質がそのままとどまっていると、ターンオーバーが起こらないため、肌の状態が改善することもありません。自分でターンオーバーするだけの力はありますが、肌の状態が悪くなっていると、これが起こりづらくなっているのです。そこでピーリングを行って、ターンオーバーが正常に起こるように、古い角質を捨て去るのです。

行わないと、正常にターンオーバーが起こらない方もいるので、定期的にピーリングを行った方がいい場合もあります。早まるのではなく、遅いものを元通りにする効果があるので、その点を勘違いしてピーリングに踏み切らないようにしてください。

ピーリングをするうえで注意しなければならないのが、保湿をしっかり行うことです。ピーリングを行った場合、古い角質が消えてしまい、乾燥肌になりやすいとされています。この時に保湿を行わなかったら、乾燥状態でさらに悪化するようになり、ピーリングの効果が得られません。

乾燥する状態は、ニキビを生み出す可能性もあるので、なるべく保湿をしっかり行ってください。ピーリングによって、余計な皮脂まで一緒にいなくなってしまい、バリア機能が一時的に弱くなっているのです。肌がひりひりして、化粧水を使うのが嫌だと感じてしまうこともありますが、保湿をしておかないと、もっと状態が悪化することもあります。

ピーリングを行ったら、すぐに保湿をすることを徹底してください。乾燥して元通りになるのは一番駄目なことなので、取ったら保湿を行い、新しいバリアを作ってあげるのです。これが出来れば、ピーリング後の肌は綺麗で保湿のできる状態となります。

忘れちゃいけない肌とホルモンバランスの密接な関係

ホルモンバランスが乱れるようになると、肌の状態が悪くなると言われています。ホルモンバランスには、肌を整える効果がありますが、何らかの理由で乱れ始めると、肌の状態まで悪くしてしまうのです。なるべく整えるようにしているのがいいですが、生理などの関係で乱れてしまうことはあるので、どこかで変だと感じることが出てしまいます。

生理周期が乱れてしまうと、どうしてもホルモンバランスの乱れが生じてしまい、そこから肌の状態が悪くなってしまいます。肌の状態をよくしたいと常に頑張っているけど、生理が乱れてしまいストレスを感じ、それから乱れが生じていることもあります。ホルモンバランスを整えるのは肌ケアに必要なことなのです。

なるべく乱れないように気を付けても、どこかで乱れる要因が生まれてしまい、小さなものが大きくなってしまうことが多いのです。問題になりそうな行為は控えるべきですが、それを止めても起きてしまうのがホルモンバランスの乱れです。

乱れてしまったホルモンバランスを整える成分として、最近注目されているのがプラセンタです。肌にいい効果があるとは良く言われていますが、実際にはホルモンバランスを整えることで、綺麗な肌を取り戻す効果を持っています。今までホルモンバランスが乱れていた方は、プラセンタのサプリメントを飲むことによって、肌を回復させることができる場合もあります。

プラセンタには、乱れたホルモンバランスを調整して、元通りにする効果があります。エストロゲンやプロゲステロンと呼ばれる成分が乱れてしまい、ホルモンバランスが整わないこともありますが、プラセンタがあればある程度は整えられるようになります。サプリメントを利用することが、一番簡単な方法です。

ホルモンバランスが乱れて困っている方は、とりあえずプラセンタの入ったサプリメントを利用して、少しでもバランスを整えるようにしてください。ちょっと整うようになれば、肌の状態も改善してきます。

まずは乾燥と保湿の基本を知る

肌が乾燥していると、ケアをしても乾燥した状態が続いてしまい、全く効果のない状態となってしまいます。乾燥している肌は難しい状態になってしまうので、肌ケアの基本が保湿であることを理解してください。乾燥するような季節になってくると、保湿をするのが難しくなるので、様々な方法を模索することになります。

乾燥している状態では、様々な部分で問題が生じてしまい、ケアをしても全く意味をなさなくなります。特にバリア部分に問題が出やすく、色々な刺激に弱くなってしまいます。痒みが出やすくなったり、湿疹が出るといったことは、肌が乾燥していることでより起こりやすくなります。

肌ケアの基本は保湿をすることと考えて、保湿成分の多い化粧品を利用するようにすれば、ある程度の効果が期待できます。乾燥して困っている方は、保湿を中心に考えるようにして、常に保湿をしてみるのもいい方法です。こうしてケアをしっかり行えば、肌は改善するようになります。

保湿をしても、水分をキープすることが出来なければ意味が無く、乾燥をする状態がすぐに戻ってしまうのです。これを止めるために必要なのが、天然保湿因子と呼ばれる成分です。NMFと呼ばれるこの成分は、水分と結合する効果を持っており、これが水分をキープして肌にとどめるような効果を持っています。

この成分を作り出すのは、たんぱく質になります。細胞が変化する時に生み出されるたんぱく質が、天然保湿因子として活躍することとなります。与えられた水分が逃げないように、水分と結合して肌の中にとどまるようにします。そして留まっている間は、水分を残し続けることが可能となるのです。

天然保湿因子が不足していると、全く保湿の効果が出ないこともあります。なるべく保湿をしっかり行えるようにするために、天然保湿因子を作り出せるような肌を作ってください。たんぱく質が関係している成分で、アミノ酸や尿素などで構成されているので、これらを使っている化粧品を使うと生み出されることもあります。