カテゴリー別アーカイブ: 基本的事項

まずは乾燥と保湿の基本を知る

肌が乾燥していると、ケアをしても乾燥した状態が続いてしまい、全く効果のない状態となってしまいます。乾燥している肌は難しい状態になってしまうので、肌ケアの基本が保湿であることを理解してください。乾燥するような季節になってくると、保湿をするのが難しくなるので、様々な方法を模索することになります。

乾燥している状態では、様々な部分で問題が生じてしまい、ケアをしても全く意味をなさなくなります。特にバリア部分に問題が出やすく、色々な刺激に弱くなってしまいます。痒みが出やすくなったり、湿疹が出るといったことは、肌が乾燥していることでより起こりやすくなります。

肌ケアの基本は保湿をすることと考えて、保湿成分の多い化粧品を利用するようにすれば、ある程度の効果が期待できます。乾燥して困っている方は、保湿を中心に考えるようにして、常に保湿をしてみるのもいい方法です。こうしてケアをしっかり行えば、肌は改善するようになります。

保湿をしても、水分をキープすることが出来なければ意味が無く、乾燥をする状態がすぐに戻ってしまうのです。これを止めるために必要なのが、天然保湿因子と呼ばれる成分です。NMFと呼ばれるこの成分は、水分と結合する効果を持っており、これが水分をキープして肌にとどめるような効果を持っています。

この成分を作り出すのは、たんぱく質になります。細胞が変化する時に生み出されるたんぱく質が、天然保湿因子として活躍することとなります。与えられた水分が逃げないように、水分と結合して肌の中にとどまるようにします。そして留まっている間は、水分を残し続けることが可能となるのです。

天然保湿因子が不足していると、全く保湿の効果が出ないこともあります。なるべく保湿をしっかり行えるようにするために、天然保湿因子を作り出せるような肌を作ってください。たんぱく質が関係している成分で、アミノ酸や尿素などで構成されているので、これらを使っている化粧品を使うと生み出されることもあります。