カテゴリー別アーカイブ: 年代別肌ケア

年代別・肌の傾向とケアのポイント

十代の肌は急激にホルモン分泌量が増えることで、不安定になっています。そのため肌表面のテカリやベタつきが気になってしまいがちです。

この時期は皮脂が過剰に分泌されることでにきびや吹き出物ができてしまいやすいので、肌を清潔に保つことを心がけることが大切です。さっぱりとした洗顔フォームで余分な皮脂をしっかりと落として、アフターケアに保湿をするだけで若い肌を綺麗に保つことができます。

そして思春期を過ぎた頃から素肌が一番綺麗な状態になります。しかし、二十代頃の肌は精神的なストレスや化粧品の使用などで負担がかかりやすくもあります。

洗顔不足で化粧品が落としきれなかったり、逆に過剰な洗顔で肌を乾燥させてしまい、トラブルを招きやすくなるのです。

いずれも適切な洗顔と水分補給、それから保湿といったスキンケアを丁寧に行うことで、若い肌の再生能力は活性化されていきます。

その再生を補うために、保湿成分であるコラーゲンなどで膜を作って肌を保護することも有効です。

年齢が高くなると肌の保湿力が低下していき、ターンオーバーが乱れてしまいがちになります。女性ホルモンが減ってきてしまうことで、たるみやくすみ、毛穴の開きといった様々な影響が出てきます。

こうした場合は顔の乾燥をクリームなどで肌表面をケアすることと同時に、サプリメントで必要な栄養素を補うことも綺麗な肌作りの助けになります。

基本的なスキンケアは若いときと同じく、水分と油分を肌に補っていき、新陳代謝機能と肌バリア機能をしっかり働かせるようにすることが大切です。

それから健康面が肌にも大きく影響を与えやすくなりますので、バランスのとれた食事と充分な睡眠を取ることも重要です。年齢と共に現状する成長ホルモンは、睡眠に多く作られます。

質の良い睡眠を取ることが肌の生まれ変わらせる手助けをしてくれるのです。年を重ねることで注意したいのは、シワやシミなどの老け顔の原因となるサインに気をつけることです。

若いときに使用していたスキンケア用品をそのまま使うのではなく、年齢に合ったくすみや色素沈着などを解消するスキンケア用品を選ぶ必要があります。